乳癌治療を受ける|病気の進行を抑えてくれる

笑顔の看護師

女性に増えてきた癌

先生

女性に多い乳癌は、発見されると早い段階で治療が行われます。主に癌を摘出する方法となりますが、転移や再発もしやすいことから、抗がん剤や放射線での治療も同時に行われていくこともあります。発見が遅れると肉体的な負担も大きくなってしまうので、ここで乳癌検診が役立っていくことになります。

View Detail

胸の癌を完治させる

女の人

乳癌の治療には、外科手術を受けた後も再発予防のために数年は定期的に治療を受けたり経過観察を行っていく必要があります。発症しやすくなる閉経後は特に運動をするようにして、予防に努めることが大事になります。

View Detail

進行を防いで治す方法

医者

乳癌の治療を始めるにあたって、自分がどんな状態の乳癌なのかを確認し必要に応じてセカンドオピニオンを求めることも大切です。手術には、乳房を全て摘出する方法と出来る限り乳房を残す温存術がありますが、精神的負担の軽い温存術が選ばれる傾向にあります。

View Detail

女性なら知っておきたい癌

微笑んでいる女性

この癌の詳細

女性なら気を付けなければならない癌の中で、乳癌があります。もしいつも受けている定期健診やマンモグラフィーで乳癌が発見されたら、皆さんはどうするでしょうか。乳癌の症状として、まずしこりがあげられます。その他にえくぼのようなくぼみができたり、赤く腫れたりといったような症状がみられることもあります。乳癌はしこりなどをセルフチェックすることができますので、月に一度は自己検診してみることをおすすめします。このような自己検診は、乳癌の早期発見にもつながります。自己検診で異常を感じたら、すぐに受診して検査を受けてみましょう。それでは、乳癌だということが分かった場合、どのような治療をしていくことになるのでしょうか。

具体的に治していく方法は

具体的な治療方法としては、手術、放射線、薬物などの治療法方法があげられます。治療を行った部分だけに効果が期待される局所療法である手術、放射線療法に対し、薬物での療法は全身に効果が期待できる療法です。治療の内容やスケジュールなどを決めていくには、腫瘍がどのくらい大きいか、またその位置、リンパ節転移の有無、癌の悪性度はどのくらいかなどを考え合わせて、決定されていくことになります。自分にとって最適な治療方法を医師とよく話し合って、理解して受け入れることが大事になります。また、治療に際して不安点があれば、一人で抱え込まずに、きっちりと医師に相談することが大切です。医師から十分に説明を受けていると、安心して治療に臨むことができます。