乳癌治療を受ける|病気の進行を抑えてくれる

女医

進行を防いで治す方法

医者

選択肢を確認する

乳癌は女性が発症する癌の種類の中でも最も高い確率で発症する癌であると言われています。乳癌であると診断されたら、自分がどの程度のレベルでありどんな選択肢があるのかを確認する必要があります。乳癌の治療は、主に三つあり一つは薬物療法、二つ目は放射線療法、三つめは外科手術になり、いずれかの治療を選ぶか治療法を組み合わせて選ぶかになることが多いと言われています。乳癌の宣告を受けたら、どの部位にどのくらいの癌が出来ていて進行が早いものなのか転移する確率が高いのかどうかを確認します。医師によって選ぶ治療法が違ってくるため、どの治療が一番良いのか適切な判断を受けるためにセカンドオピニオンを求めることも大切であると言えます。

乳房温存術が選ばれる

乳癌の手術を受ける場合、しこりの部位を摘出するとなると少なからず乳房の変形やへこみが起きます。手術には、乳房を全て除去する方法と乳房を出来る限り残す温存術があります。乳房を一部でも失うことは、女性にとって心理的ダメージが非常に大きいとされているため出来る限り乳房を残す温存術が選ばれる傾向にあります。乳房を全て摘出した場合でも皮膚移植などを行うことで新たな乳房の再建を行うことも出来ますが、しこりがごく小さい場合や出来る限り乳房を残したい場合は温存術が選ばれます。温存術には乳房の一部の変形やへこみを改善する治療法がないとされていましたが、皮下脂肪由来の細胞を移植することで再建することが可能になっています。