乳癌治療を受ける|病気の進行を抑えてくれる

女医

胸の癌を完治させる

女の人

再発予防に努める

乳癌は、女性が発症する癌の中でも特に発症が多いとされる癌の部類に入り上手く治療を行うことが出来ても再発のリスクが高い癌でもあります。日本では、女性の精神的な負担を減らすために乳房を出来る限り残す治療法が取られますがこの場合腫瘍部分を摘出できたとしても癌細胞が乳房に残る可能性があると言われています。その為、乳癌の手術を行っても継続的に化学療法や放射線治療などが必要になります。乳癌だけに限らず、他の癌にも言えることですが手術を行ってから5年以内に再発するリスクが高く5年以上になると再発するリスクは低くなっていきます。再発予防に努めるために、定期的に乳腺外科などを受診して検査を受け経過観察する必要があります。

閉経後は特に運動をする

乳癌の発症は閉経後に多く、予防や症状悪化を防ぐためには自分の体をよく観察してしこりがないかどうか確認することが大切になります。乳癌は、多くの場合自分で触ってわかるほどのしこりに気づくことで治療を始める人が多いと言われています。他には、特に自分で気付けるような自覚症状がないからです。入浴する際などに、自分の胸にしこりがないかどうかを触ってよく確かめることも病気の発見に有効であると言われています。適度な運動は、健康に良い影響をもたらし予防にもなると言われています。閉経後は特に積極的に運動をすることが求められますが、出来る限り早い段階から日々運動を心がけて健康な体作りをしていくことが大切になります。